茶の病害虫とその防除 トップページ

※本サイトに使用している写真及び文章の無断転載を禁ず。
写真提供:鹿児島県農業開発総合センター 茶業部・ 福岡県農林業総合試験場 八女分場・ 宮崎県総合農業試験場 茶業支場

1年を通じた病害虫防除

茶期ごとに防除の必要な病害虫をイラスト歴でチェックできます
三番茶を摘採する園及び更新園(一番茶後更新園・二番茶後更新園)
三番茶を摘採しない園及び更新園(一番茶後更新園・二番茶後更新園)

茶の病害とその防除

参考にしてね!写真、ワンポイントアドバイス、発病条件と被害、防除時期と注意点など
茶の病害防除のポイントはこの4つ
茶の病害防除のポイント
ポイント1 樹勢を低下させる病害を防除 最重要病害:炭疽病(葉枯れ・落葉)褐色円星病(落葉)網もち病葉枯れ・落葉)黒葉腐病にも注意が必要(収穫不能・落葉)
摘ポイント2 採後に残る葉をしっかり守る 輪斑病(枝葉枯れ・落葉)秋期の新梢枯死症対策は前茶摘採後の輪斑病防除が重要よ!ダコニール1000で同時防除!
ポイント3 輪斑病の徹底防除 ■摘採する二番茶・三番茶 萌芽期〜1葉期の予防散布で摘採残葉となる下位1-2葉を守ることが重要です。「萌芽期~1葉期」+「3~4葉期」の体系防除で翌年一番茶の親葉となる越冬葉層を守りましょう。適“剤”適所!EBI剤(DMI剤)に頼りすぎは禁物だよ。
ポイント4 更新園の病害虫防除も重要。病害虫の発生は樹勢回復、翌年以降の翌年以降の収量や品質に影響!再生芽は害虫の集中被害を受けやすい。新梢枯死症や炭疽病、整枝後に輪斑病が発生。芽のバラつきが大きく防除しにくいので体系防除が必要。芽のバラつきに強いダコニール1000を基幹殺菌剤に!
重要病害を同時防除!
輪斑病にも高い効果!
芽のバラつきに強い!三番茶・秋期の防除では特に重要。更新園の防除にも力を発揮します。
耐性菌の発生事例なし!摘採10日前まで使える!
茶に対する適用病害と使用方法

茶の害虫とその防除

各茶期の病害虫防除 〜推奨“防除暦”〜

茶期ごとに防除が必要な病害虫と、おすすめの薬剤がチェックできます。

農薬の例

使用前にラベルをよく読み、登録内容(使用時期・回数等)を確認してね!

病害虫防除情報