第2号 赤焼病の防除対策について

鹿児島県経済連・肥料農薬課

赤焼病発生状況と防除対策・・・極一部園で初発生を確認 

1月中下旬の南薩、日置地域などの調査で極一部茶園(知覧、松元、伊集院)でスポット状に僅かに初発生が確認されました。本病は最近数年少発生で経過しており、園内の病原細菌密度は低いと考えられます。しかし、今冬のこれまでの天候は年末から降雪や氷点下の低温、強い季節風、寒暖の変化大きい気象となっています。このため、発生がしやすい状況と考えられます。本病の発生しやすい時期は、これから春先2~3月で、春整枝後などに急激に多発生することがあります。例年発生がみられる地域や園では今後も茶園を見回り、初発状況を早期に確認し、発病がみられる場合は早急に防除に努めることが発生拡大と被害を防ぐポイントになります。

赤焼病の発生特徴

①細菌病であるため発生は突発的で、初発生後の蔓延が激しい。                                                     

②伝染は、主に冬から春先の強い季節風で起こり、傷口や気孔などから感染すると考えられる。 整枝や管理作業などでも伝染拡大する。 

③耐凍性が低い状態の茶樹が雪害、寒害、凍害、霜害などを受けると感染が助長され、発生が誘発される傾向がある。 

④品種間の発生差があり、一般に「ゆたかみどり」「かなやみどり」「あさのか」「やぶきた」「あさつゆ」などは弱い傾向にあるが、年によって品種の発生が変わる。

⑤園、栽培管理による発生差が大きく、肥培管理や茶樹の生理状態が発生に強く影響するように思われる。このため隣接した園でも発生が大きく異なる。

⑥幼木園で発生しやすいが、最近では成木園での発生が多い。                

⑦秋冬期に、ハダニやチャトゲコナジラミ防除にマシン油剤を散布すると、散布時期によっては  発生が助長されることがあり、注意を要する。 

⑧一番茶摘採残葉では切口などに小病斑を生じるが、二番茶以降の発生はみられない。     

⑨感染のメカニズムや発生機構は不明な点が多く、発生予測が難しい。            

⑩的確に防除効果を示す薬剤が少ない。

灰色かび病の発生状況と防除対策

現在茶園は開花期を迎えていますが、南薩地区の調査で今年の花蕾の発生は少ない状況でした。灰色かび病菌はこの開花した花弁に寄生して繁殖し、罹病した花から付近の成葉、茎、芽などに伝染して、枯らすことがあります。15~20℃の比較的に低温で、多湿状態で発生しやすく、これから春先に発生が多くなります。

今冬は最近気温がやや高くなり、不順な天侯などから花弁へ菌が繁殖しやすいことが考えられます。しかし花・蕾は少なく、発生の恐れがある園は少ないと思われます。

防除方法

(1)赤焼病

これまで発生がみられた地域では茶園を定期的に見回り、写真のように園相部に黒褐変した部位がないかを観察し、スポット状の初発生を早期に確認する。初発生が認められた茶園は早めの防除を行う。発生の激しい園では3月末頃まで数回の防除を行う。

1)防除時期=2~3月 初発生確認後 強風雨直前・直後 春整枝直後など

2)防除間隔・回数=15~20日 間隔2~3回

3)防除薬剤・使用方法


4)防除上の注意

・チャトゲコナジラミ防除にマシン油剤を使用する場合はマシン油剤散布の数日前に銅水和剤を散布しておくことが望しい。                                 

・これまで発生がみられた園の春整枝直後などの予防防除は銅水和剤を散布する。

・初発生がみられる園はカスミンボルドーを散布し、その後は銅水和剤を散布する。

・葉裏からの感染が多いので葉裏にも良くかかるように400L/10a程度散布する。

・カスミンボルドーに対しては展着剤ニーズを加用して散布すると効果が安定し、散布量も200~300L/10aに削減できる。

(2)灰色かび病

1)薬剤防除法


2)防除上の注意

被害は比較的に軽いので花蕾が多く、発生で、葉枯れに進展の場合には防除する 。

赤焼病の発生を確認した場合は、農業開発総合センター、地域振興局、経済連、JAなどにご連絡下さい